私もまず結論を最初に言ったのですが・・・

スピーチではまず結論 次に理由を述べましょう

ニ次対策の本にも書いてあるようですが、スピーチの構成では

 

まず結論を述べ、その後に理由

 

の順番がおすすめです。

 

というか、個人的にはこの構成は鉄則ではないかとまで感じています。

 

 

絶対にこうやるべきです!(力説)

 

 

よく言われる「起承転結」とか「序論・本論・結論」といった構成は、つぎの二つの理由でお勧めできません。

 

■難しい
■時間が足りない

 

 

何より、複雑な構成のスピーチを即興で作るのはちょっとムリです。

 

 

もちろん、スピーチ慣れしていて「いや、意外と作れるよ」という人もいるのでしょうが、英語で、しかも制限時間のあるプレッシャー下でスピーチを作るのはそう簡単ではないはずです。

 

 

「起承転結」や「序・本・結論」の構成は、じっくり書けるエッセイならまだしも、即興スピーチでは複雑すぎます。構成は単純なほど良いのです。

 

 

そして2分間って、しゃべりだすと意外に短いんです。結論を言わないまま時間が来てしまうと「結局何が言いたいの?」ということになりかねません。

 

 

まずは結論を言って、その結論を補強する理由を2〜3コ言えば、もう時間になるでしょう。

 

 

私が2次を突破できたとき、理由を言ってる最中で時間切れになりました。

 

でも面接官が「続けていいですよ」と言ってくれたので、なんとかスピーチを完成することができたのです。

 

 

つまり多少時間オーバーしてもOKなわけで、先に結論を言っておけば、あとは理由を述べるだけなので心に余裕ができ、落ち着いてしゃべれます。

 

 

結論を最後に言おうとすると「うまくまとめられるかな?」というアセリが出かねません。結論に達するまでの展開がブレまくって、何が言いたいのか見失ってパニックになることも考えられます。

 

 

ということで、私としては、

 

まず結論→理由2〜3個(→時間があったら最後にもう一度結論)

 

あるいは

 

まず結論→理由となる、やや長めのエピソード(→時間があったら最後にもう一度結論)

 

の構成がおすすめです。

 

カッコ内の「もう一度結論」はなくても構いません。

 

 

日頃からスピーチを作る際もぜひこの構成を意識してみて下さい。

 

「最後に結論」よりはずっとしゃべりやすいはずです。

 

 

英検1級二次試験対策 2分間スピーチ徹底トレーニング

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

 

関連ページ

二次対策の参考になるサイト
英検1級二次スピーチ試験の対策に役立つサイトを紹介します
二次試験を受けるあなたへ
英検1級二次試験を受ける人は全員合格する実力があると思います
自分の体験をスピーチの題材に
英検1級の二次試験では自分の体験をスピーチの題材にしましょう
面接は時間が多少ズレてもOK!
英検1級二次試験のスピーチ面接は試験時刻よりも遅れて始まります
二次の面接ではどんな服を着るか
英検1級二次試験ではどのような服装が良いのでしょうか
面接官との雑談で聞かれたこと
英検1級二次の面接前には雑談もあります 意外と大事かも
面接の自己紹介で準備すること
英検1級二次試験の英語自己紹介で 職業は高確率で聞かれます
アイコンタクトを忘れてはダメ!
英検1級二次試験の質疑応答では面接官の目を見ましょう
二次試験対策 日常の心がけ
英検1級の二次試験のために日常から必要な心構えです
スピーチは堂々と!
英検1級二次のスピーチでは厚かましいくらいの態度でOK
二次試験の会場で知り合いに会ったら
二次試験面接の会場で知り合いに会ったら話しかける?
二次試験では体調にも注意を
英語力だけでなく体調管理も大事です
二次対策に必ず 「英語での定義」
スピーチのキーワードになりそうな語の定義を英語で頭に入れておきましょう
二次試験のトピック「銃規制」
銃規制問題は昔から米国の悩みのタネです
銃規制関連のネット記事を読んでみては
アメリカのネットラジオでは銃規制関連記事が増えています
二次の面接では体調にも注意!
二次試験の時期は意外とカゼをひきやすいものです
海外の友人に時事問題の疑問をぶつけてみる スピーチの題材に
自分が疑問に思った時事トピックを英語圏の友人に質問するとよいスピーチの素材になることがあります