二次の面接時間に遅れても慌てる必要はありません!

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

1級二次の面接では時間が多少ずれてもOK!

何度か書いているように、私は自慢ではありませんが1級のニ次には4回落ちてます。

 

 

何回も受けるうちに、やや裏技的なあることに気付きました。
それは

 

「ニ次って、少しくらい時間がずれてもいいんじゃないか?」

 

ということです。

 

しかも、早い・遅いどちらにずれてもOKなのです。

 

 

つまり、受験票に「10時集合」とあって、10時より早くついても、少しくらい遅れても普通に面接はできるということです。

 

 

遅刻してもペナルティなどは全くありません。

 

 

というより、時間をチェックして着席、なんて段取りじゃないんです。早く着いた人からイスに座って面接の順番待ち、という感じです。

 

ですから「10時」というのはあくまで目安みたいなもんです。

 

 

時間に間に合いそうにないからといって、「もうダメだ〜」なんて思う必要は全くないんです。平常心を保ちましょう。

 

 

万が一、会場へ移動する公共交通機関にトラブルがあって数時間遅れたとしても大丈夫でしょう。

 

(さすがに会場が閉まるほど遅くなってはダメですが)

 

 

とはいえ、やっぱり遅刻はしないにこしたことはありません。時間には余裕を持って行動してください。

 

 

もしもちょっと早めに会場について、「早いとこ終わらせたい」のであれば、会場に入り、イスに座ってしまいましょう。

 

そのまま早い順番で面接を受けることができます。

 

 

面接対策の最終確認としてスピーチの練習で声を出すなら、会場内は静かなのでちょっと厳しいかもしれません。

 

会場として指定された部屋以外の適当な場所でやりましょう。

 

 

ただ、会場で知り合いに会って、その人が面接を終わらせていた場合、いろいろ話し込むのは避けたほうがいいかもしれません。

 

 

どんな問題が出た?とつい聞きたくなりますが、それはOKなのでしょうか?定かではありません。

 

(※関連記事:二次試験の会場で知り合いを見かけたら

 

杞憂かもしれませんが念のために留意しておいて下さい。

 

 

最後にもう一度。

 

二次試験では、到着時間の多少のずれは許容されます。

 

遅刻しても慌てず、平常心を保って下さい。

 

 

(…私が受けてた時はこんな感じだったんですが…今はシステムが変わってるのでしょうか?)

 

 

これで完璧 英検1級二次対策

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。