一部のニ次対策の本にも書いてあるようですが、スピーチの構成では
 
まず結論を述べ、その後に理由
 
の順番がおすすめです。

というか、個人的にはこの構成は鉄則ではないかとまで感じています。
 
絶対にこうやるべきです!(力説)
 
よく言われる「起承転結」とか「序論・本論・結論」といった構成は、つぎの二つの理由でお勧めできません。
 
■難しい
■時間が足りない

 
何より、複雑な構成のスピーチを即興で作るのはちょっとムリです。
 
もちろん、スピーチ慣れしていて「いや、意外と作れるよ」という人もいるのでしょうが、英語で、しかも制限時間のあるプレッシャー下でスピーチを作るのはそう簡単ではないはずです。
 
「起承転結」や「序・本・結論」の構成は、じっくり書けるエッセイならまだしも、即興スピーチでは複雑すぎます。構成は単純なほど良いのです。
 
そして2分間って、しゃべりだすと意外に短いんです。結論を言わないまま時間が来てしまうと「結局何が言いたいの?」ということになりかねません。
 
まずは結論を言って、その結論を補強する理由を2~3コ言えば、もう時間になるでしょう。
 

 
私が2次を突破できたとき、理由を言ってる最中で時間切れになりました。
 
でも面接官が「続けていいですよ」と言ってくれたので、なんとかスピーチを完成することができたのです。
 
つまり多少時間オーバーしてもOKなわけで、先に結論を言っておけば、あとは理由を述べるだけなので心に余裕ができ、落ち着いてしゃべれます。
 
結論を最後に言おうとすると「うまくまとめられるかな?」というアセリが出かねません。
 
結論に達するまでの展開がブレまくって、何が言いたいのか見失ってパニックになることも考えられます。
 
ということで、私としては、
 
まず結論→理由2~3個(→時間があったら最後にもう一度結論)
 
あるいは
 
まず結論→理由となる、やや長めのエピソード(→時間があったら最後にもう一度結論)
 
の構成がおすすめです。
 
カッコ内の「もう一度結論」はなくても構いません。
 
日頃からスピーチを作る際もぜひこの構成を意識してみて下さい。
 
「最後に結論」よりはずっとしゃべりやすいはずです。