知り合いに会っても話さないのが無難では?

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

ニ次の会場で知り合いを見かけたら

このコンテンツは「考えすぎじゃないか?」との異論があるかもしれませんが・・・

 

 

二次試験の会場で知り合いを見かけたら、どうします?

 

 

あなたが面接を受ける前と受けた後の両方を考えてみてください。

 

 

面接前で、人と話した方が緊張がまぎれるというあなたは、待機所に入るまではちょっとしゃべっておくのがいいかも知れません。

 

知り合いを見かけて、お互いが気付いたら、話を全くしないほうが不自然でしょうし。

 

 

ただ、人によっては、面接本番前は「ひとりにしといてくれ」という気分の場合もあるでしょう。気を使いたくないというか、集中したいというか。

 

 

実は私はどちらかというと、こちらのタイプです。

 

日頃からずっと一緒に英語を勉強している間柄とかなら別ですが。

 

あなたの知り合いがこのタイプなら、話しかけられると迷惑と感じるかもしれません。

 

 

結論として、お互いが面接前であれば・・・

 

・会話したほうがリラックスできる可能性はある

 

・相手が「ひとりにしておいてくれ」というタイプなら、挨拶程度にとどめる。長話はNG。

 

といったところでしょうか。

 

 

ただし、どちらかがすでに面接を終えている場合、話は違います。

 

 

私は、お互い話しかけないほうが良いと考えます。話すにしても、最低限の会話で。

 

 

あなたが先に試験を終えて、面接前の知り合いに会っても、挨拶程度にとどめておくべきです。

 

 

緊張感から開放されて、誰かと話したいのはわかりますが、相手も試験を終えて会場から出てくるまで待ちましょう。

 

(逆の立場でも同様にやりたいものです)

 

 

これは「面接の試験内容が漏洩した」なんてあらぬ疑いをかけられることを防ぐためです。

 

(考えすぎでしょうか?確か二次試験の注意事項に書いてありませんでしたっけ?定かではありません。ごめんなさい)

 

 

実際にこういう問題が起きたと聞いたことはありませんが、注意するに越したことはありません。

 

 

「李下に冠を正さず」と言います。お互いのためになりません。

 

 

疑われるようなことはやめて、正々堂々と試験を受けて合格しましょう。

 

 

英検1級 面接大特訓

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。