二次のスピーチ試験ではフォーマルな服がおすすめです

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

英検1級二次の面接を受ける時の服装

二次の面接を受けるときの服装って、細かいことですけど迷いませんか?

 

 

スーツを着ていけば問題ありませんが「そんなにかしこまらんでもいいのかな」とも思いますし、ネット上でも「私服でOK」という意見がたくさんあります。「面接の合否に服装は関係ない」という話も聞きますよね。

 

 

実際、私が受けたときもジーパンはいてる人がいました。(その人が合格したかどうかはわかりませんが)

 

では私の意見はというと、

 

スーツなど、就職面接に行く時のようなちゃんとした服を着ることをおすすめ

 

します。

 

 

私がニ次に4回コケたとき、服装は全て私服でした(といってももちろん襟つきのやつですよ)。

 

 

そして5回目に挑戦したときはスーツ着て行きました。すると、見事合格!!(むちゃくちゃうれしかったです)

 

 

面接官に対して服装の影響があったのかどうか、私にはわかりません。影響は無かったと考えるほうが妥当でしょう。

 

 

「服装に合否は関係ない。問題になるのはあくまで英語力」ですよね。

 

 

でも私自身に影響はありました。

 

 

正直にいうと、私は自分の服が気にならずにスピーチできるほどスピーキング力に自信が無かったんです。

 

つまり、服装がメンタル面に影響したんですね。

 

何が言いたいのかというと…

 

 

仮に私服で面接に行った場合を想像してください。あなただけ私服で周りの人は全員スーツだったとき、なんとなく気後れしませんか?

 

 

もうすぐ本番、という時に「やっぱりスーツの方が良かったかな?」なんて不安が襲ってくるような気がしませんか?

 

ネイティブばりにスピーキングができるのであれば、自信に満ちてそんなこと気にもならないでしょう。

 

 

でも、私にはそんな自信はありませんでした。周りに私服の人もいましたけど、「やっぱりスーツだったか?」と不安になったのは確かです。

 

(だったら4回も落ちる前にスーツ着ろよ!というツッコミが来そうですけど)

 

 

面接官への印象云々よりも、自分の平常心をキープするためにスーツを着るのです。

 

 

精神面にネガティブな要素は、どれだけ小さなことでも排除しておいて損はありません。

 

 

服がちゃんとしてると、戦闘モードにもなりますし。私はスーツを着ていくことをおすすめします。

 

 

英検1級 面接大特訓

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。