米国のネットラジオでスピーチトピックのネタを探しましょう

銃規制関連のネット記事を読んでみては?KIRO Radioなど

別のコンテンツで「銃規制はスピーチトピックになる可能性が高いのでは?」と書きました。

 

 

対策としては、銃規制に対する自分の意見をスピーチにまとめるわけですが、参考資料あるいはソースが欲しいところです。

 

そのひとつとして、別コンテンツで紹介しているKIRO Radioのサイトはどうでしょうか。

 

 

アメリカのローカルネットラジオ局のひとつで、シアトルの局です。
KIRO Radio

 

 

各局ともサイト上に米国内、国際、経済、スポーツなどあらゆる分野の報道記事をアップしていて、私はこの中から適当に選んだ記事を音読しています。

 

KIROは連日銃規制について報じており、記事をいくつか音読しました。

 

「銃の買い戻しも行われている」

 

「シアトル市長は銃の買い戻しに関し、KIRO Radioパーソナリティーとの議論を避けている」

 

といった記事がありました。

 

 

文字の記事を読んでおくと、ラジオで報じられた際に耳からの記憶も残りやすく、理解度も上がります。

 

(記事の内容はしばしばかぶります)

 

 

銃規制に関する報道は全米で行われているはずで、おそらくどの局を選んでも似たようなニュースがあるでしょう。数日続けて目を通せば、スピーチのネタになるソースも見つかはずです。

 

 

大きな事件が起きた後は、テレビのBSニュースでもアメリカの銃規制について報じることがあります。

 

こちらのコンテンツで紹介しているの「防弾バックパック」の元ネタはBSニュースです。

 

 

副音声で聞けばそのままスピーチで使える単語・言い回しも耳に残ります。

 

 

銃規制はじめ、タイムリーな話題のソースを探しているなら、アメリカのメディアから記事を探してみましょう。

 

 

いまはネット環境が発達し、米国での放送と配信記事に手軽に接することができます。

 

英語の勉強には本当に便利な時代になりましたね。

 

 

これで完璧 英検1級二次対策

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

二次対策の参考になるサイト
英検1級二次スピーチ試験の対策に役立つサイトを紹介します
二次試験を受けるあなたへ
英検1級二次試験を受ける人は全員合格する実力があると思います
自分の体験をスピーチの題材に
英検1級の二次試験では自分の体験をスピーチの題材にしましょう
まずは結論 次に理由を
英検1級二次試験のスピーチではまず結論を言ってその後理由を述べましょう
面接は時間が多少ズレてもOK!
英検1級二次試験のスピーチ面接は試験時刻よりも遅れて始まります
二次の面接ではどんな服を着るか
英検1級二次試験ではどのような服装が良いのでしょうか
面接官との雑談で聞かれたこと
英検1級二次の面接前には雑談もあります 意外と大事かも
面接の自己紹介で準備すること
英検1級二次試験の英語自己紹介で 職業は高確率で聞かれます
アイコンタクトを忘れてはダメ!
英検1級二次試験の質疑応答では面接官の目を見ましょう
二次試験対策 日常の心がけ
英検1級の二次試験のために日常から必要な心構えです
スピーチは堂々と!
英検1級二次のスピーチでは厚かましいくらいの態度でOK
二次試験の会場で知り合いに会ったら
二次試験面接の会場で知り合いに会ったら話しかける?
二次試験では体調にも注意を
英語力だけでなく体調管理も大事です
二次対策に必ず 「英語での定義」
スピーチのキーワードになりそうな語の定義を英語で頭に入れておきましょう
二次試験のトピック「銃規制」
銃規制問題は昔から米国の悩みのタネです
二次の面接では体調にも注意!
二次試験の時期は意外とカゼをひきやすいものです
海外の友人に時事問題の疑問をぶつけてみる スピーチの題材に
自分が疑問に思った時事トピックを英語圏の友人に質問するとよいスピーチの素材になることがあります