「この日本語の英訳は?」という意識で英語ニュースを聴きます

国内ニュースを英語で聴く利点

日本語ニュースの副音声で聴く英語は、「この日本語は英語でこう言うのか」を学ぶために聴いています。

 

 

聴き続けていると、かならず「へぇー」と思う英訳が出てくるものです。

 

英検を受けるなら、気づいたポイントをメモしていくと必ず役に立ちます。

 

 

日本に関するトピックをを英語で聴くのは次のような利点があります。

 

1 身近な内容なのであらかじめ予備知識が頭の中に入っている

 

2 画面に日本語が出ているので聴き取りをしながら先が予測できる

 

予備知識があると、「なるほど、英語ではこう表現するのか!」とアンテナに引っ掛かる確率も高く、記憶の定着も強くなります。

 

 

聴く前にすでに問題意識(のタネ)があるので、より能動的にリスニングできるというわけです。

 

 

全く知らない、初めて接するトピックではこうはいきません。

 

何を言っているのか理解するのに手いっぱいで、常に受け身のリスニングになってしまいます。

 

(まぁ「受け身」であっても、聴いた内容を次のリスニングへの予備知識にすれば問題はないのですが)

 

 

画面に日本語が出て予測ができると、「あれ?これ英語でなんていうんだっけ」という問題意識をその場で持って聴くことができます。

 

知識が定着しやすくなるのです。

 

 

しかもニュースだけにタイムリーな話題なので、二次試験のスピーチを作る際の参考にもなります。

 

ニュースの内容をそのままスピーチの一部にも使えます。 

 

 

問題意識を連呼してますけど、リスニングやリーディングでは、問題意識を持っているとインプット効果がグッと高まるのです。

 

 

問題意識が難しければ、その話題を誰かに教えるつもりで聴いてみて下さい。

 

 

そのトピックついて話すには、内容をしっかり理解しなくてはいけません。

 

ハングリー精神(?)を持って聴けば、トピックがしっかり頭に入るのです。

 

 

こうしたインプットを続けていけば、二次試験のスピーチ対策にも必ず役に立ちます。

 

 

漠然と聴いていては、なかなか身にならないものです。

 

その意味では、英語に接する際の日頃の心がけが大事と言えます。

 

 

問題意識を持って国内ニュースを英語で聴くメリットは大きいので、習慣にしてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

管理人が聞いたリスニング素材
英語のリスニング力を上げるために管理人が聞いたソース
海外ドラマの笑いのツボ
海外のドラマや映画では笑うポイントの違いを感じることがあります
「スクリーンプレイ」で映画のセリフを確認する
映画のシナリオ「スクリーンプレイ」でリスニング力向上
興味のあるネット動画をリスニング
ネットで興味のある英語動画を観ると集中力して聴きとりできます
宇多田ヒカルさんの「Traveling」最後のセリフ
「Traveling」のラスト セリフは?
映画 before sunrise と before sunset で会話を学ぶ
映画 before sunrise(恋人までの距離)とbefore sunset はリスニングに良いです
日経おすすめの映画・ドラマ
「プラダを着た悪魔」や「24」は上級者向けのようです
アメリカのローカルネットラジオ放送局
パソコン作業のお供にアメリカのネットラジオを
US Live Radioで聴ける局
US Live Radioではパソコンやネットの環境により聴けない局があります
アルク・ヒアリングマラソン
アルクの教材 ヒアリングマラソンを紹介しています