英語の聞きとり力を上げるために聞く媒体

英語リスニング力アップのために聞く素材

ネット環境が整備された現代では、英語のリスニング環境は非常に充実していると言えます。

 

 

自宅に居ながら、海外の放送をほぼ無料で聴けるからです。

 

このコンテンツも、US Live RadioのKIRO Radioを聴きながら作っています。

 

(※参考 米国ネットローカルラジオ局まとめサイト US Live Radio

 

 

スマートフォンやタブレットの使用は当たり前になり、屋外であっても英語に触れるのは容易です。

 

外出先でYou Tube動画を見ている人も多いでしょう。

 

 

私が英検1級に合格した当時は、これほど英語に親しめる環境ではなかったため、「昔ながらの」リスニングをしていました。

 

 

いまとなってはやや古い情報の感がありますが、一応私が聴いていた媒体を紹介します。

 

 

毎日欠かさず聞いたものだけではなく、時間があった時に「あ、ちょうどいいな」と聞いたものも含めています。

 

・レンタルしてきた映画の英語音声
・日本語ニュースの副音声 民放ならTBSの6時前からのニュース、あるいはNHKの夜のニュース
・海外ドラマの副音声
・NHKラジオの英語プログラム
・映画
・日経CNBCの深夜・早朝版の英語放送(ケーブルテレビやスカパーで放送されているプログラムです)
・テレビで放送する映画は必ず副音声
・BSの二ヶ国語放送

 

 

といったところです。

 

英検1級に合格したときもこんなかんじでした。

 

 

松本道弘先生の考えに傾倒していたので(いまでもしてますが)、できるだけ「ナチュラルな」英語を求めてあれこれ聴いたものです。

 

 

うーん、こうして並べると隔世の感がありますね。

 

いまでは私は地上波のテレビ放送はほとんど観なくなりました。

 

たま〜に好きな映画がある時は観ますが、その際はもちろん英語副音声です。

 

 

冒頭に書いたように、現在はネイティブが使っている英語に触れる機会はいくらでもあります。

 

その気になれば、海外に住んでいるのとほぼ同じ環境にもできるでしょう。

 

 

この恵まれた環境は、「聴く媒体がありすぎて迷う」とも言い換えられるかもしれません。

 

 

基本的に、ナチュラルな英語であれば何を聴いてもリスニング力は鍛えられるわけですが、英検1級合格を掲げる当サイトとしては、

 

 

時事問題を扱う放送 日本のトピックも聴ける放送 インタビュー動画

 

 

あたりをメインに聴くようおすすめします。

 

リーディング媒体として新聞や雑誌、ニュースサイトの記事を勧めるのと同じ理由です。

 

 

「スピーチのネタにならないかな?」「どうして?」といった意識を持ちながら聴ければ完璧です。

 

(※参考 英語読書で話題を充実させましょう

 

 

「一日一度はこの放送を集中して聴く」など、リスニングを毎日の習慣にするのも良いでしょう。

 

通勤電車の中などはうってつけではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

国内ニュースを英訳の参考に
日本のニュースを英語で聴くときの心がまえです
海外ドラマの笑いのツボ
海外のドラマや映画では笑うポイントの違いを感じることがあります
「スクリーンプレイ」で映画のセリフを確認する
映画のシナリオ「スクリーンプレイ」でリスニング力向上
興味のあるネット動画をリスニング
ネットで興味のある英語動画を観ると集中力して聴きとりできます
宇多田ヒカルさんの「Traveling」最後のセリフ
「Traveling」のラスト セリフは?
映画 before sunrise と before sunset で会話を学ぶ
映画 before sunrise(恋人までの距離)とbefore sunset はリスニングに良いです
日経おすすめの映画・ドラマ
「プラダを着た悪魔」や「24」は上級者向けのようです
アメリカのローカルネットラジオ放送局
パソコン作業のお供にアメリカのネットラジオを
US Live Radioで聴ける局
US Live Radioではパソコンやネットの環境により聴けない局があります
アルク・ヒアリングマラソン
アルクの教材 ヒアリングマラソンを紹介しています