歌うと発声が鍛えられて英語っぽいスピーキングになります

千田潤一先生 持ち歌10曲で英語スピーキング上達

以前英会話を習いに通っていたYMCAで、千田潤一先生の講演を聞いたことがあります。

 

ものすごく昔の話ですが…。

 

 

その中で、スピーキングを上達させるひとつのコツとして「カラオケの持ち歌を10曲(だったと思います)作る」とありました。

 

半分冗談っぽい口調でしたが、もちろん根拠のある話です。

 

 

歌が得意になるとお腹から声が出るようになり、声も大きくなります。

 

腹式呼吸が鍛えられるので、英語向きの声質に近づくのです。

 

 

ネイティブの英語を聞いていると「声がよく響く」という印象を持ったことはないでしょうか。

 

お腹から声が出ているからです。

 

千田先生の声も腹から出ていたと記憶しています。

 

 

「日本人の英語が通じないのは発音が悪いからではなく、声が小さいから」という話もしばしば耳にします。

 

 

外国人と英語で話をしていて、相手は単純に聞こえなかったから「えっ?」と聞き返しているだけなのに、ひとり相撲で「自分の発音が悪いんだ・・・」と勝手に思い込み、自信まで失ってしまって会話が続かなくなる、なんてケースもあるでしょう。

 

 

テレビなどで英語が母国語でない外国要人の英語を聞いていると、「意外と発音はテキトーだなぁ」と感じることはありませんか?

 

 

よほどムチャクチャでない限りは、発音が多少ズレていてもどうにか通じるものです。

 

そのためには、まずは自分の声を相手に届けないと話になりません

 

 

英語を真面目に勉強している人であれば、そこまでヒドい発音の人はいないはず。

 

あとは声のボリュームを上げて、自信を持って自分の声相手に伝えましょう。

 

 

お腹から声を出すと単純に大きな声になるだけでなく、英語もウマく聞こえます。

 

別の記事に「バンドのボーカルをやっていた先輩の発音がすごく上手かった」ということを書いてます。

 

(※参考 お腹から声を出していた先輩の発音はキレイでした

 

 

これはまさにお腹から出す声で英語を話すと、非常にウマく聞こえる例です。

 

 

千田先生の勧めどおり、カラオケの持ち歌を作るのも良いかもしれません。

 

(もちろん、歌ってばかりでは英語力はアップしませんが)

 

 

即戦力の英語アウトプット術 スピーキング速習講座 英検・通訳案内士二次試験対応

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

効果の高いスピーキング練習法
英語で話す練習法で効果があったやり方です
英語で実況してスピーキング練習
英会話上達法 目の前の出来事を英語で実況してみましょう
スピーキングの独習法を紹介していますが・・・
英会話はあくまで人間相手にやるのを忘れずに
読んだ記事を英語で要約して話す
英語で考える能力を上げるスピーキング訓練法です
TとL DとL の発音法
tl・dl をうまく発音するには 東後勝明先生の「英語発音のコツ」から
語尾の子音は発音しないほうが良い?
語尾の子音は一般に弱いので いっそ発音しないほうが英語らしいかも?
発音が上手だった先輩 特に母音
英語らしい発音にはお腹から出る声が必要です
英語で歌って 発音・リズム感を磨く
洋楽を歌うのは英会話上達の助けになります
vとbが連続する場合の発音法
I've been などvとbが連続する場合の発音方法
オンライン英会話サービスまとめ ビジネス・子供向けも
オンライン英会話レッスンサービスまとめ キッズ向け 英検対策 ライティング向上サービスも スカイプを使わないレッスンやビジネス向けも