アームストロング船長は文法間違いをしてなかったそうです

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

アームストロング船長名言の「a」 文法間違い疑惑晴れる?

アポロ11号のニール・アームストロング船長は1969年の7月、人類で初めて月面着陸に成功しました。

 

その際の交信はいろんな意味で有名になりました。

 

 

1 That’s one small step for man, one giant leap for mankind.

 

 

とアームストロング船長は言ったとされ、このままでは船長が文法ミスをしたことになるのです。

 

 

1を訳すと「人類にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」となってしまい、意味不明です。

 

そこでこの発言を記録した各種の文書は最初の man の前に a を補い、

 

 

2 That’s one small step for a man, one giant leap for mankind.

 

 

(訳)「1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」

 

と記録してきました。

 

 

ところがオーストラリアのコンピューター専門家がハイテクを駆使して船長の音声データを解析した結果、「a」が発音されていたと2006年に発表したのです。

 

 

その解析によると「a」が発声されたのはわずか0.035秒だったそうです。

 

人間の耳に聞こえる10分の1の長さでした。

 

 

つまり船長は文法的に正しい2のように発音していたことになります。

 

 

アームストロング船長の「文法間違い疑惑」は、37年ぶりに晴らされることになりそうです。

 

同時通訳おもしろ話 (講談社プラスアルファ新書)

 

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。