このコンテンツでは、allとwholeの違いをまとめています。
 
入れ替え可能なケースもありますが、「every」の意味を持たせたい場合、一方は使えないことがあります。

関連動画も紹介しているので参考にしてみて下さい。
 
「英語類義語活用辞典」「英語類義語使い分け辞典」および「ロングマン英々辞典」を参考にしています。

英語類義語活用辞典の解説 入れ替え不可の例

allとwholeは全てを含むという意味では同じですが、入れ替えができないケースもあります。
 
まずは入れ替えできる例を。
 
The whole city was jubilant.
All the city was jubilant.

(全都市が喜びに沸いた)
 
入れ替えできない例もあります。
Your faith hath made you whole.
(「汝の信仰汝を癒やせり」聖書の言葉)
 
All men are created equal.
(人間は平等たるべく創られしものなり)
 
このall men は every man と同じです。
 
allのシノニムはevery、wholeのシノニムはentireになります。
 

ロングマン英々辞典の解説

all
1 the complete amount or quantity of; the whole of
 
He ate all his food.
 
2 every one of
 
All these questions must be answered.
 
 
whole
1 all(the); the full amount of
 
When I broke my leg, I spent a whole month/three whole weeks in bed
 
2 not divided or broken up; complete
 
I ordered a whole bottle of wine.