「タレント」の英訳は? 「talent」ではなく・・・

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

「タレント」を英訳すると

「タレント」の英訳は何でしょうか?

 

 

以前英字新聞を読んでいたら、タレント羽賀研二氏の恐喝事件の記事がありました。

 

その記事の見出しが

 

 

In-debt TV personality arrested

 

 

でした。(ジャパンタイムズウイークリー07 7/7)

 

 

羽賀氏の肩書きは「タレント」なので、この場合 personality が「タレント」にあたります。

 

 

私が持っている電子辞書で「タレント」の英訳を調べてみると

 

 

He is a T.V. performer[personality,star]

 

 

という例文が書いてあり、talent にはバツが付いていました。

 

 

いろいろ調べてみたら、personality はテレビだけでなく、ラジオのタレントにも使えるようです。

 

 

わたし個人的には、personality は「タレント」の訳としてはかなり守備範囲が広いという印象を持っています。

 

日本語での「タレント」の意味で personality を使ってもおそらく通じるのではないでしょうか。

 

 

いつものように、ロングマンで personality を調べてみます。

 

personality
1 the whole nature or character of a particular person
The drug changed her whole personality.

 

2 ( a person with ) forceful, lively, and usu. attractive qualities of character
She has a lot of/She is quite a personality.

 


3 a person who is well known to the public or to people connected with some particular activity

a television personality

 

 

ところで、personality と似た語に character があります。

 

日本語ではこの二語は特に区別せず使われる場面もあるようですが、英語には厳然とした違いが存在します。

 

 

この違いについて、「英語類義語活用辞典」ではこのように説明しています。

 

この2つはともに個人の個性・人格を示す言葉だが、含みがそれぞれ違う。”personality” はトータルな人柄で、知性・道徳・行為のすべてを勘定に入れたものということになっているが、実際はその人間の感情的なアピール、つまり「感じ」のほうに焦点がある。

 

これと対照的に"character"のほうは、知性や感情を一切ぬきにしたその人の道徳的な力強さを意味する。

 

(1) He has character but no personaliy.
(彼はしっかりしているが、人好きのするほうじゃない)

 

(2) He has not character enough to reproach me.
(彼は私を叱るべきなのにその気概もない)

 

このように ”personality” と対象的に ”character” が使われる時は、「意気」、「背骨」(spine)の代名詞で、この場合、絶対に冠詞を付けてはならない。

 

これは He has character. と He is a character. とを比較して覚えておくといい。

 

前者はいま言った「気概がある」ことだが、後者 He is a character. は力強い人格だとほめるどころか、バカにした表現なのである。

 

これは「変人」(an eccentric)ということで、口語では、He is a crank. または a nut, an oddball, a weird などと言うべきところを He is a character. と体裁のよい euphemism (婉曲語)を使ったまでである。

 

とてもわかりやすく、なるほど、とうなってしまう解説です。

 

 

日本まるごとQ&A Everything You Should Know about Japan【日英対訳】

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。