先日ある人から「律儀な」って英語で何ていうの?と聞かれ、言葉に詰まってしまいました。
 
律儀って、実にいろんな要素が詰まっていませんか?
 
「人とのつながりを大切にする」
「自分が受けた恩を忘れない」
「義理がたい」
「真面目」

・・・などなど。
 
これは難しいなぁ、とあれこれ考えた末、私がひねり出した答えは何と
 
nice
 
でした。(´Д`)
これはさすがにダメでしょうか?
 
もうちょい気のきいた答えはないかな?と、その後辞書やネットで調べてみたところ、おそらく一番ピッタリくるのは
 
conscientious
 
ではないかとの結論に至りました。
 
私がいつもお世話になっている日米口語辞典の解説には、

英語は「いい加減なことをしない」という人の性格を表す。「律儀な」にピッタリとは言い切れないが、かなり迫った訳と言える。

 
とあります。
 
conscientious に近い語としては、
 
dutiful
honest
proper

 
あたりも場合によっては使えるようです。
 
「律儀な」に「融通がきかない」というネガティブなニュアンスを含むなら、overly conscientious と表せます。
 
ここで恒例の(?)英々辞典でconscientiousを調べてみます。
 
conscientious
adj showing great care, attention, or seriousness of poupose:
 
a conscientious worker
a conscientious piece of work

 
この定義だけを見ると、「律儀」とはちょっと違うような印象を私は受けます。
 
「律儀」を通訳もしくは翻訳する際は、文脈によってconscientious 以外にもかなり多くの候補がありそうです。