「防衛庁から防衛省へ」の英訳 「防衛庁長官」から「防衛相」へも

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

「防衛庁から防衛省へ」を英訳すると

これはかなり大きなニュースでしたよね。

 

07年1月13日付けのジャパンタイムズウィークリーもトップで扱っていました。

 

 

まずは見出しがいきなり

 

 

Defence Agency becomes ministry

 

 

で、これがいきなり使えそうです。

 

もう少し引用します。

 

 

The Defence Agency was upgraded to full ministry status Jan. 9 for the first time since its inception in 1954 amid persistent concerns over effective civillian control of Japan’s defence forces.

 

 

英語名が Japan Defence Agency から Ministry of Defence(海外ではこちらの名称が一般的)に替わります。

 

 

これまで防衛庁は、議案の提案や財務省への予算要求を内閣府を通して行っていましたが、省になったことでこれらが直接行えるようになります。

 

 

組織の長もこれまでの「防衛庁長官」から「防衛相」になるわけで、このへんをジャパンタイムズウィークリーでは…

 

 

A commemorative ceremony was held at the Defence Ministry in the morning, with Prime Minister Shinzo Abe and Fumio Kyuma, whose post of Defense Agency director general was upgraded to defence minister, in attendance.

 

 

…と伝えています。

 

「日本の海外貢献」なんてテーマと絡めて、面接で使う場面も多そうな訳ではないでしょうか。

 

 

この記事のキモである agency と ministry を英々辞典で調べてみます。

 

agency n
1 a business that makes its money esp. by bringing people into touch with others or the products of others
I got this job through an enployment agency.

 

2 a department of a government or of an international body
a United Nations agency responsible for helping refugees.

 

3 the power or force which causes a result
Iron is melted by the agency of heat.

 

 

ministry n
1 a government department with a minister in charge of it
The army, navy, and airforce are all controlled by the Ministry of Defence.

 

2 priests, considered as a group or profession; clergy
He joined the ministry.( = became a priest )

 

 

ministry には大臣がいるが、agency にはいないという認識でよさそうです。

 

それにしても agency の3の用法は知りませんでした。

 

英々辞典をひくといろんな発見があるものです。

 

 

ニュース英語究極単語(きわめたん)10、000―時事英語→訳語→定義・情報

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。