「メタルギアソリッド3」というゲームがありまして、その英語版の画像がYou Tube にアップされてました。
 
その中に「昨日の友は今日の敵」に当たるセリフが出ていました。
 
それによると
 
Yesterday’s ally becomes today’s opposition.

と言ってました。
 
日本の言い回しかもしれませんが、英語版ゲームのセリフなのでちゃんと通じるはずです。
 
余談ながら、「メタルギアソリッド 3」は傑作です。アマゾンのレビューでも高評価です。
 
作品自体は哀しいストーリーですが・・・。
 
ちなみに「敵」と聞くと、enemyやfoeをすぐ連想しますが、この二つの語は意味合いが少し違うようです。
 
「英語類義語活用辞典」から一部引用させて頂きます。

”enemy”は一般語で、自分に対して敵意を持つものや、自分のためにならない物事まで含まれる。
 
ただし敵意と言っても、単なる嫌悪感から、殺意に近いもので種類はいろいろある。
 
ためにならない物事については”inimical”(harmful と同じ)という ”enemy”の形容詞の形を使う。
 
”foe”は”enemy”のように守備範囲が広くない。またそれほど感情的な言葉でもない。
 
感情表現でなく行為ものもので、こちらに敵対するものをいう。
personal な敵ではない。
 
(中略)
 
つまり”enemy”から感情を抜き去ったものが”foe”なのである。
 
He is your arch enemy.(彼はお前さんの大敵だ)とは言うが”arch-foe”とは言わない。
(79~80ページ)

 
自分が好きなゲームの英語版をする、というのも英語力アップに貢献してくれるのかもしれませんね。
 
特殊な用語・単語ばかりが身についてしまうような気もしますが。