「国家の品格」の英訳が07年2/17の日経プラスワンに出ていました。
 
その記事では「品格」にあたる英語として
 
grace refinement dignity
 
が挙げられていました。「彼にはまるで品格が無い」を英訳すると次のようになります。

He’s just got no refinement.
 
「国家の品格」の英訳は
 
the dignity of a nation
 
があてられています。
 
藤原正彦氏の「国家の品格」で問いかけられている
 
「日本が国家の品格を取り戻すために、我々は何から手をつけ、何をしたら良いのでしょうか」
 
を英訳すると
 
”What things should we take up and what should we do to revive the dignity of our nation?”
 
となります。
 
ちなみに、dignityをロングマンで調べるとこんな感じです。
 
dignity
1 calmness,formality, and seriousness of manner or style:
The dignity of the occasion was spoilt when she fell down the steps.
 
2 goodenss and nobleness of character, of a kind that makes people feel respect and admiration:
an old lady of great dignity
 
3 a high position, rank, or title
 
「気高さ」「高貴さ」「凛とした姿勢」 といったイメージも浮かんでくる説明ですね。