別コンテンツでも紹介していますけど、冠詞って難しいですよね。
 
そもそも日本語にない要素ですし、各冠詞の使う条件が多岐に渡るうえ例外なども考えると、果たしていつになったらモノにできるのだろうか、という感じです。

どんな勉強すればいいのかな?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
 
私も本などで勉強しています。
そのうちの一冊「冠詞マスター教本」です。
↓ ↓ ↓

(ボロボロですみません)
 
この中で、著者の石井隆之近畿大学教授が自身の冠詞勉強法を紹介されています。
 
一部を抜粋して紹介します。

速く「冠詞力」を身につけたい場合の勉強法

この本で石井教授は「高速学習法」と「着実学習法」の二つを挙げられていて、以下のような違いがあります。

高速学習法
とにかく速く「冠詞力」を身につけたい場合に適している。
 
着実学習法
「冠詞力」と共に英語の総合能力もUPさせたい場合に適している。
 
このコンテンツでは、前者の「高速学習法」を紹介します。
 
やり方は以下のとおりです。

  1. 手持ちの辞書(大修館の「GENIUS」、小学館の「PROGRESSIVE」、旺文社の「LEXIS」、またはベネッセの「E-GATE」がよい)のaとtheの項目をじっくり読む。
  2. 「1」で学んだ新しい情報を、そこで出てきた単語や表現と共にノートに書き写す
  3. 「2」でノートに写した看護や表現の中に、分からないものがあれば、同じ辞書で確認し、その単語や表現に関する情報をふくらませる。
  4. 「冠詞」について書かれた学生向けの参考書や一般書、さらに専門知識を身につけたい人は専門書を読む。
  5. 「4」で得られた新しい情報は、1~3のことを書き記したノートに更につけ加える。
  6. 「5」でノートに写した単語や表現の中に、分からないものがあれば、同じ辞書で確認し、その単語や表現に関する情報をふくらませる。

※1~3と4~6は並行的に行います
※1~3において、辞書で知識の概略を学んでいるので、4~6は学習しやすくなっています

 
「着実学習法」については、ぜひ本書を手に取って確認してみてください。
 
冠詞の理解を深めるのにもってこいの本です。
 
さすがに一度読んだだけではモノにならないので、私は繰り返し読んでいます。
 
冠詞に敏感になりますよ!
 
ちょっとした英文を読んだ時に「あれ、これって冠詞が要るのでは?」といったチェック機能が働くようになりました。
 
冠詞の勉強をしたい方はチェックしてみて下さい!
 
冠詞マスター教本
冠詞マスター教本