「母音」「子音」コンテンツ以降は大変参考になります

当サイト訪問者の皆様には「アルファベット」は必要ないのでは?

前ページからの続きです。

 

まず大前提として、

 

「ネイティブスピーク」はアメリカ英語の発音を身につけるための教材です。

 

サンプル映像もあります!
  ↓ ↓ ↓ ↓

ネイティブの口の中の動きをCG映像で解説する発音教材「ネイティブスピーク」

 

 

「イギリス英語じゃないとダメ!」という学習者は少ないでしょうが、一応念のため。

 

それではレビューを。
まずはDisc1から。

 

収録内容はこちらです。

 

 

「はじめに」の内容はこちら↓ですが、詳細は割愛させて頂きます。

 

 

「アルファベット」以下からが発音解説です。

 

モデル兼説明をしてくれるのはこの方。

 

Caitlin Kelly(ケイトリン・ケリー)さん。
女優・ナレーターで、ボイストレーナーでもあります。

 

「アルファベット」の内容です。

 

◆基本
◆ゆっくりハッキリ
◆語尾をのばす

 

のそれぞれのコンテンツで、ケイトリンさんがこんな感じ↓

 

で実演してくれるのですが、正直言いまして、当サイトユーザーの皆様には初歩的過ぎるでしょう。

 

 

文字どおり、「エイ、ビィ、スィー・・・」とアルファベットが音読されます。

 

英語を習い始めたばかりの子供には必須でしょうが、英語学習をある程度進めている場合、さすがに必要ないはずです。

 

 

なので私としては、「アルファベット」のコンテンツは、当サイトを訪問して下さる方向きではないとさせて頂きます。

 

 

・・・しかし、その他のコンテンツは話は別です。

 

 

「ネイティブスピーク」に関心のある方は、

 

・発音を上達したい
・発音・発声に興味がある
・苦手な発音を克服したい
・自分の発音をもう一度見直してみよう

 

といった動機をお持ちではないでしょうか。

 

 

私もまさにそのひとりで、

 

「自分が知っているのと何か違うだろうか?」
「うまいやり方やコツがあるのかな?」

 

と興味を持っていました。

 

そして「母音」コンテンツを見始めたわけですが・・・

 

 

少なからず衝撃を受けました・・・orz

 

 

ある音の発音法が、私のやり方と違ってたのです!

 

私のやり方は間違い、というわけではないのかもしれません。
これまでの会話で話が通じていましたし(通じてなかったのかな?)。

 

 

次のページでは、その音について書いてみます。

 

サンプル映像もあります!
  ↓ ↓ ↓ ↓

ネイティブの口の中の動きをCG映像で解説する発音教材「ネイティブスピーク」

 

ネイティブスピーク

 

 

※ネイティブスピークは楽天市場ヤフーショッピングでも販売されています。当コンテンツ作成時点では、楽天市場に大量の購入者コメントが投稿されています

 

 

次のページへ

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

「ネイティブスピーク」レビュー セット内容
発音練習教材「ネイティブスピーク」を視聴しました 私が習ったのと違うやり方が解説されている音もあってビックリ
映像・解説を参考にRの発音を矯正しました
私のRの発音は良くなかったようです 「ネイティブスピーク」DVDを参考に矯正しました
i と j の聞き分け・発音区別にも
日本人には難しい(と思う)i と j の区別もネイティブスピークではちゃんと解説されています
ネイティブスピーク 英語に適した腹式呼吸や発声法も実演・解説
ネイティブスピークでは英語らしく発音するのに必要な発声・呼吸を身につけるトレーニング法・腹筋の鍛え方も解説されています
ネイティブスピークレビュー完結編 英語指導者には最適
アルファベットから英語の勉強を始める子供の指導者・先生・親御さんに ネイティブスピークはピッタりの発音教材ではないでしょうか