「メイドカフェ」は""付きで訳されていました

「メイドカフェ」は、
 
“maid cafe”
 
と ”付きで英訳されています。

ジャパンタイムズウィークリーの07年6/16発行分には秋葉原についての記事がありました。
 
Akihabara is the birthplace of ”cosplay” and ”maid cafes” where waitresses clad in miniskirts and aprons greet customers.
 
メイドカフェの簡単な説明にも使えそうです。
 
メイドカフェでは、お客を「ご主人さま」と呼ぶのがお約束です。
 
この「ご主人さま」は英語でそのまま master でOKのようです。
 
メイドカフェに男性が来店した場合、「いらっしゃいませ」の代わりに「おかえりなさいませご主人さま」とメイドさん達が迎えてくれるわけですが、その英訳は
 
Welcom back home, my master.
 
でよさそうです。
 
ちなみにお客が店を出る際は
 
Please come home soon, my master.
 
というそうです。
 
メイドカフェは男性対象なのに対して、女性対象のバトラー(ズ)カフェなるものもあります。
 
英訳は butler cafe で、ここを訪れる女性客はプリンセス、あるいはお嬢様と呼ばれるのだとか。英訳は princess ですね。
 
バトラーズカフェでは「お姫様だっこ」のサービスもあるのだとか。
 
 
管理人はメイドカフェは一度も訪れたことはありません。
何とも落ち着かなさそうで・・・。
 

 

「ネイティブスピーク」購入しました!

発音練習DVDネイティブスピークレビューしました!
英語を指導している方、子供さんに発音を教えたい方におすすめです。呼吸法も解説されています。
特典もつけてます!

コメントを残す