「メイドカフェ」は""付きで訳されていました

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

「メイドカフェ」を英訳すると

「メイドカフェ」は、

 

 

"maid cafe"

 

 

と ”付きで英訳されています。

 

 

ジャパンタイムズウィークリーの07年6/16発行分には秋葉原についての記事がありました。

 

 

Akihabara is the birthplace of ”cosplay” and ”maid cafes” where waitresses clad in miniskirts and aprons greet customers.

 

 

メイドカフェの簡単な説明にも使えそうです。

 

メイドカフェでは、お客を「ご主人さま」と呼ぶのがお約束です。

 

この「ご主人さま」は英語でそのまま master でOKのようです。

 

 

メイドカフェに男性が来店した場合、「いらっしゃいませ」の代わりに「おかえりなさいませご主人さま」とメイドさん達が迎えてくれるわけですが、その英訳は

 

Welcom back home, my master.

 

あたりでよさそうです。

 

ちなみにお客が店を出る際は

 

Please come home soon, my master.

 

というそうです。

 

 

メイドカフェは男性対象なのに対して、女性対象のバトラー(ズ)カフェなるものもあります。

 

英訳は butler cafe で、ここを訪れる女性客はプリンセス、あるいはお嬢様と呼ばれるのだとか。
英訳は princess ですね。

 

 

バトラーズカフェでは「お姫様だっこ」のサービスもあるのだとか。

 

(ホストクラブあたりと大差ない印象があるのは管理人だけでしょうか・・・)

 

 

管理人はメイドカフェは一度も訪れたことはありません。
何とも落ち着かなさそうで・・・。

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。