「きっかけ」の英訳は前向きな言葉でした

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

「きっかけ」を英訳すると

先日英訳作業をしていたら、「きっかけ」の英訳に詰まってしまいました。

 

パッと思い浮かびます?

 

 

あれこれ考えたものの、しっくりくる英訳が思い浮かばなかったので辞書等で調べてみました。

 

 

(いつものことながら?)答えを見たら「こんな簡単な単語が思い浮かばないものだな〜」と感じたのですが…。

 

私が最も「なるほど!」と思ったのは日米口語辞典などに載っていた

 

 

start

 

 

あるいは

 

 

opportunity

 

 

です。
言われてみれば「なんだ〜簡単じゃないか〜」なのですが。

 

他の辞典等には

 

catalyst trigger yeast

 

などが紹介してありました。

 

 

個人的には、start が前向きでイイなぁ、と感じます。

 

以後、「きっかけ」の訳には start を第一候補にします。

 

 

「きっかけを逃す」には

 

 

miss a cue

 

 

という表現もあるようです。

 

以下に日米口語辞典から引用します。

 

彼は美しい日本女性を愛した。それがきっかけとなって日本文化を勉強するようになったのである。

 

He fell in love with a beautiful Japanese girl, and that was the start of his studying Japanese culture.

 

that was the start〜などは良く使えそうです。

 

 

ちなみに日米口語辞典とは松本道弘氏とE.G.サイデンステッガー氏の共編による辞典で、私はとても重宝しています。

 

 

最新日米口語辞典

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。