大リーグ中継を見ていたら、松井選手が在籍するヤンキースが再逆転するシーンがありました。
 
そこでは「再逆転」を
 
retake the lead
 
言っていました。

その際の実況は
 
Yankees retake the lead!
 
でした。
 
ものすごく余談になりますし、英語学習とは全く関係ありませんけど、メジャーリーグ中継を見ていて気付いたことがあります。
 
メジャーリーグ中継って、ホントに目の前で起きていることしかしゃべりませんよね?
 
当たり前といえば当たり前かもしれませんが、日本のプロ野球中継では
 
「この後どういう展開になりそうか」
「ピッチャー(バッター)が何を狙っているか」
「ひとつひとつのプレイにどんな意味があるのか」
 
などが事細かに解説されます。
 
それこそ一球ごとに何がしか説明がつく感じです。
 
こうしたプロ野球中継の緻密な進行に慣れていると、大リーグ放送のアメリカらしい、おおらか(テキトー?)な実況はなかなか違和感があります。
 
どちらがいい、といっているわけではありません。
 
スポーツ中継にも国民性みたいなものが出ているのではないでしょうか。