英英辞典を使うのは必須です 意味がはっきりしないときは・・・

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

英々辞典は英語で考える第一歩

私は基本的に単語は英英辞典で調べます。

 

辞書はロングマンかウェブスターを使ってます。

 

 

英英辞典の使用は英語で考える第一歩であり、英語を学習するなら必須の作業です

 

 

英英で調べるのは結構面白いですし。

 

 

「英英ばっかり」なら素晴らしいと思いますが、「英和ばっかり」というのはちょっと問題ありかもしれません。

 

 

英英の面白さを体験していない分、損してるとも言えます。

 

英語での定義づけは「なるほど!」と思うことが多く、知的刺激になってなかなか面白いんですよ。

 

 

私はこの英語の定義付けをスピーキングの練習にも有効だと考えています。二次試験の面接対策にもなります。

 

ぜひ一度やってみて下さい。

 

(※参考 英検1級ニ次対策に必須 「英語での定義づけ」

 

 

でも、英英で調べて、意味がいまいちつかめないことってありますよね。

 

私の場合、多少意味があいまいでもそのまま次の単語を調べたりしました。

 

 

これは単語を覚えるよりも、読む量を増やしたいというのが私の基本方針だからです。

 

(※参考 英単語・語彙力アップ管理人のやり方

 

 

とはいえ、意味が曖昧なまま単語を放っておくのは不安になるのも事実です。

 

そこで、その記事でキーワードになりそうな重要語だと感じたときは英和で調べます。

 

 

その一語の意味がきちっとわかることで、文章全体が「あぁ、なるほど〜」とはっきり見えてくることもありますからね。

 

 

抽象的な語や病名、臓器の名前などは、英英で調べてもなかなかカチッとした訳は頭に浮かばないものです。

 

そんなときは英和辞典でスッキリさせましょう。

 

英語で考えるには そのヒケツと練習―Toward Thinking in English

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。