このサイトでは、読む媒体として雑誌や新聞をおすすめしています。
 
いろんな分野の話題を目にできますし、二次試験のスピーチに使えるネタを仕入れる意味もあります。
 
最近は使うのが当たり前になったスマートフォンやタブレットで読むなら、やはりニュースサイトの記事などがお勧めです。


 
紙でもネットでも、英検を意識するのであれば、時事問題を読めることがひとつのキモになります。
 
その意味では文学作品は優先度が少し落ちます。
 
もちろん読んでも構わないのですが、英検1級の受験を考えていて、勉強できる時間が限られているのであれば、私は時事問題を扱っている記事を読むべきだと考えます。
 
新聞や雑誌以外にも、読む媒体として面白いかな?と感じるものがあります。
 
それは、熊本の市街地で食事をした際、お店に置いてあったフリーマガジンです。
 
日本に住む外国人向けの雑誌で、記事のほとんどは英語で書かれています。
 

 
雑誌は福岡で発行されており、内容も福岡の話が多かったのですが、熊本の話題も英語で書いてあり、なかなか興味深く読みました。
 
地元の高校生が大リーグとマイナー契約を結んだ話など、自分にとって身近なニュースが英語の記事になっていると新鮮に感じ、記憶の定着も良いものです。
 
そしてこうした身近なネタは、意外とスピーチの材料に適していることがあります。
 
国際情勢とか政治など、ちょっと難しい話題を中心にスピーチを作ると、どうしても似たりよったりの内容になりがちです。
 
自分の生活に密着した話題のほうが面接官の興味をひけます。
 
ごく身近に起きたことを、普遍的なトピックにつなげるわけです。
 
※関連コンテンツ
二次のスピーチ対策 日ごろ必要な意識「暖房より湯たんぽ」?
 
そうすればスピーチに独自性が出て、面接官も「おっ、なかなか面白い視点だな」と感じてくれます。(おそらく)
 
そういう話題を増やすには、ローカルの英文フリーマガジンは持ってこいです。
 
このテの雑誌は発行部数が少ないようですが、機会があったらぜひ一度はご覧になってはいかがでしょうか。
 
思わぬ発見があるかもしれませんよ。