アメリカの人気TVシリーズ「24」ファイナルシーズンの日本放映が始まるにあたり、主演のキーファーサザーランドさんはじめ、ドラマのスタッフがPRのために来日したことがあります。
 
出演者へのインタビューの模様も放送されました。
 
私はこの「24」シリーズの大ファンであり、ファイナルシーズンの放送を心待ちにしていたので、インタビューも熱心に聞きました。

最後のシーズンということもあり、出演者がどんなことを言うか興味があったのです。
 

 
リスニングもかねて聞いていたところ、ちょっとしたことに気づきました。
 
キーファーサザーランドさんも、メアリー・リン・ライスカブさんも、「日本ではみんな親切にしてくれた」という発言をしており、その際の「親切な」という形容詞は、二人とも同じ単語を使ったのです。
 
それは果たして何でしょうか?「kind」ではありませんでした。
 
答えは
 
nice
 
です。
二人とも、示し合せたようにこの単語を使いました。
 
私がもしこの文脈で英語を話すなら、kind を使う確率は非常に高いと思います。
 
kind をロングマンで調べてみると・・・
 
(that shows one is) caring about the happiness or feelings of others
 
・・・とあります。
うむー、なるほど。
 
余談ですが、辞書を見ずに「kind を英語で説明しろ」と言われると、かなり難しくないですか?
 
こういう内容を英語で考えると、相当鍛えられそうですね。
 
※参考
英語のスピーキング 最も効果があったと思う方法
 
それではniceを調べてみます。
 
1 kind or friendly 
2 showing or needing careful understanding or decision

 
・・・ということで、ほぼ kind と同じと考えてよさそうです。
 
どうやらniceはkind やfriendly とモロにカブるようですね。
 
でも、日本人の発想では、どうしてもkind が先に頭に浮かぶと思うのですが。
 
「親切」をkind,nice,friendly とする、あるいはその逆もありうる、と意識しておくと、今後ウマいこと訳せる場面があるかもしれません。