tl・dl の発音方法 舌の動かし方が少し特殊です

tl・dl をうまく発音するには 東後勝明先生の教材から

little や kettle、あるいは middle や riddle のように、tとl、 dとl が連続する発音は難しいですよね。

 

 

日本語には無い発音ですし、学校の英語の授業でも教えてもらった記憶は私にはありません。

 

英語が母国語でない日本人には、教わらなくてはまず発声しない(できない)音です。

 

 

私の場合、この発音はある教材で特訓しました。

 

 

その教材とは一番下に紹介している、東後勝明先生の「英語発音のコツ」で、それこそ何度も反復したものです。

 

 

ただしこの教材はかなり昔に出版されたもの(初版は1977年3月です!)なので、今は中古でしか手に入れることができません。

 

 

この教材によると、tl、dlの発音は

 

「最初のT(あるいはD)は舌先を前歯の裏に付けて音を出し、次のLは舌の両側を歯から離すこと(舌先は前歯につけたまま)で発音する」

 

と解説されています。

 

TやD単独の場合の発音法とはかなり違いますし、ちょっと難解ですが、何度かやってみると確かにこれで発音できます。

 

 

もちろん私もこのやり方で発音しています。

 

 

TやDは破裂音なので本来は発音した後、舌先が歯の裏側から離れますが、tl、dlの場合は舌先は最後まで前歯の裏に付けておくのがポイントです。

 

 

その状態でLの音を出すのです。

 

舌が慣れてくると「リルゥ」「ケトゥ」「ミドゥ」「リドゥ」といった感じの、このつづり独特の音になってきます。

 

 

middle of it や little by little もこなせるようになります。

 

 

よくわからなければ、ネイティブの人に質問してみると良いでしょう。

 

 

下の東後先生の教材でも良いのですが、カセットテープなので再生が難しいかもしれません。

 

 

ちなみに、1件だけ寄せられているカスタマーレビューも星5つ評価です。

 

 

英語発音のコツ―なぜ聞きとれない通じない!! 50の法則であかす発音のひみつ

英語発音のコツ―なぜ聞きとれない通じない!! 50の法則であかす発音のひみつ

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

関連ページ

効果の高いスピーキング練習法
英語で話す練習法で効果があったやり方です
英語で実況してスピーキング練習
英会話上達法 目の前の出来事を英語で実況してみましょう
スピーキングの独習法を紹介していますが・・・
英会話はあくまで人間相手にやるのを忘れずに
読んだ記事を英語で要約して話す
英語で考える能力を上げるスピーキング訓練法です
千田潤一先生 カラオケで英会話上達?
英語のお腹から発声を鍛えるのにカラオケはもってこい?
語尾の子音は発音しないほうが良い?
語尾の子音は一般に弱いので いっそ発音しないほうが英語らしいかも?
発音が上手だった先輩 特に母音
英語らしい発音にはお腹から出る声が必要です
英語で歌って 発音・リズム感を磨く
洋楽を歌うのは英会話上達の助けになります
vとbが連続する場合の発音法
I've been などvとbが連続する場合の発音方法
オンライン英会話サービスまとめ ビジネス・子供向けも
オンライン英会話レッスンサービスまとめ キッズ向け 英検対策 ライティング向上サービスも スカイプを使わないレッスンやビジネス向けも