タイム誌は昔よりは読めるようになってる・・・ハズ わからない単語は相変わらず多そうですが

コンテンツ追加しました

英語の動画リスニング媒体EEvideo
ルビ訳など解説つき動画のサイトです。
無料視聴できる動画もまとめています。

タイム誌いまから定期購読するなら 私の体験と方針 読者のレビューへも

大学時代、私はTIME誌を定期購読していました。

 

 

別コンテンツでも書いているように、当時はとんでもなく難しく感じ、じっくり読んでもチンプンカンプンのページもありました。

 

語彙力も貧弱でしたしね。

 

 

当時の私が挑むには、やや強すぎる相手だったようです。

 

 

だからというわけではありませんが、私は英検一級を目指す人であっても、タイム誌を必ずしも読む必要はないと考えています。

 

 

難易度が高すぎて、タイムに拘泥する時間がもったいないと感じるのです。

 

それよりも、英字新聞やその他の雑誌を速く・たくさん読み、速読力を養うほうが有意義ではないでしょうか。

 

スピーチのネタも増えますし。

 

 

もちろん、タイムが苦にならないのであれば、読んで何の問題もありません。

 

「一流」と称される時事雑誌ですし。

 

 

ただ、タイム誌は、洋書を扱っている書店で一冊だけ買うと、目が飛び出るほど高いですよね。

 

あんなに薄いのに(失礼!)定価は880円なのだそうです。

 

 

タイムを読んでみようかな、と考えているなら、定期購読が絶対おススメです。
定期購読すると割引されるのです。

 

 

1冊定価880円が、定期契約と学割により以下のように割引されます。
最短の契約でも半額以下になります。

 

・3ヵ月(13冊)契約で4937円(1冊あたり57%オフの380円) 

 

・1年(54冊)契約で16159円(1冊あたり66%オフの299円)

 

・2年(108冊)契約で32319円(1冊あたり66%オフの299円)

 

・学割2年(108冊)契約で25920円(1冊あたり73%オフの240円)

 

※以上の料金と割引率は当コンテンツ作成時のものです

 

とりあえずは3ヵ月の契約で試してみてはいかがでしょうか。

 

(週に一冊しか配送されませんが、気合いを入れて読まないとドンドンたまります)

 

 

 

このページを作っていたら、私も久しぶりにタイム誌を読みたくなってきました。

 

いまなら、以下のような方針で読むつもりです。

 

■難しいが、根性で速く読む(ストップウォッチかキッチンタイマーを使って)

 

■日本に関する記事だけは必ず読む

 

■CNNやBBCのニュースとタイム誌記事の相互補完を意識する

 

■わからない単語があっても、調べる数は制限する 全部調べることはしない

 

■一冊通し読みにチャレンジする 読破に必要な時間を計るのもアリか

 

 

タイムの英文や私の英語力は以前とどれほど違っているのでしょうか。

 

英語の勉強を止めているわけではないので、大学時代よりはラクに読めるハズなのですが。

 

 

三ヵ月契約でもチャレンジしてみようかな?

 

TIME誌定期購読 最大73%割引 読者のレビューも紹介

タイム誌定期購読

 

 

 

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。