前ページの続きです。
 
「ネイティブスピーク」では、このようなCG映像で発音時の口内の動きを解説しています。
 


このDVDの一番のキモというか売り(この映像は特許を出願しているそうです)なだけにとてもわかりやすく、発音の理解や習得の大きな助けになってくれます。
 
 
さて突然ですが、当サイトユーザーの皆様は、
 
子音のRと、長母音の後のRはどのように発音されてるのでしょうか?
 
run
right
road
 
あるいは
 
car
bird
port
 
といった音ですね。
 
この音は、LとRの区別をハッキリさせるため、気合を入れて習得した方も多いのではないでしょうか。
 
私が以前視聴していた英会話番組などでも、「Rの発音はLと違って・・・」といった感じで詳しく解説される場面はたくさんありました。
 
それで、私がどうやっているかというと、私は
 
軽い巻き舌で(舌先を上にそらして)発音していました。
 
当サイトユーザーにも「自分も同じ」という方はかなり多いはず。
 
しかしどうやら、このやり方は理想的とは言えないようです。
 
ネイティブスピークでは、別の方法が解説されています。そして、「巻き舌」が良くない理由の説明もあります。
 
それでは、ネイティブスピークではどう解説されているかというと・・・
 
それはここには書けません!
 

(画像を加工しています)
 
なんじゃそりゃ!とお叱りを受けるのも無理はありませんが、DVDの内容をここに公開するわけにはいかないのです。(冒頭の画像はDVDのサイトに公開されているものです)
 
しかし、それではさすがに気になる方も多いでしょうから、一応フォローらしきことをひとつ。
 
DVDの内容に衝撃を受けた私は、それらしいキーワードで検索してみました。
 
すると、この「ネイティブスピーク」と同じ説明をしているコンテンツが複数ありました。
 
気になる方は、ここまで書いたことをヒントに探してみて下さい。
 
しかしそれらのコンテンツでも、舌の位置や唇の形といった説明がこのDVDほど詳しくありませんし、「なぜ巻き舌ではダメなのか」ネイティブスピークと同じ説明をしているものは見当たりませんでした。
 
「ネイティブスピーク」DVDの映像と解説が一番わかりやすかったのは間違いありません。「動き」と「音」で理解できるわけですからね。
 
いろいろ見たところ、現在はRの発音はこのやり方が主流のようですね・・・。
 
今後はDVDのやり方で発音します。
いい勉強になりました。
 
次のページに続きます。
 

こちらからご購入頂くと特典「英会話力を日々アップさせる!ちょっとした工夫」をお渡ししています!
↓ ↓ ↓
ネイティブスピーク
 
※特典についてはこちらをご覧ください
 
※ネイティブスピークは楽天市場ヤフーショッピングでも販売されています。当コンテンツ作成時点では、楽天市場に大量の購入者コメントが投稿されています