前ページからの続きです。
 
「ネイティブスピーク」の発音コンテンツから、気付いたことをもうひとつ。
 
当サイトを訪れて下さる、日本で生まれ育った英語学習者の中で、

eel
 

 
yield
 
最初の「イー」を、自信を持って区別して発音できる方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
 
リスニングの際、最初の「イー」を確実に聞き分けられるでしょうか?
 
私はできません!(キリッ)
 
発音記号で書くと、それぞれ i:lji:ld であり、それぞれの最初の音は前者が母音、後者は子音です。
 
子音の j は、yes、year、yetと、実にありふれた音なのですが、これが例えば
 
east と yeast を聞いた時、「後者には最初に子音の j があった」と理解できるでしょうか?
 
また、違いを明確に意識して発音できるでしょうか。
 
私には自信がありません。
 
実はこの i と j の音、私が私淑する松本亨先生も、著書で「いまだに区別できない時がある」とされていました。
 
日本で生まれ育った学習者には極めて難しい音であることは間違いなさそうです。
 
「ネイティブスピーク」では、この二つの音についても言及されています。
 

(例によって画像に加工しています)
 
キモになるのは j の発音であり、もちろんCG映像と音で解説されています。i の音との区別を意識した説明もあります。
 
正直言いまして、この二つの音の区別ができなくても、コミュニケーションに支障はありません。
 
私もよくわからないまま英語で会話していますが、意思の疎通に弊害を感じたことは皆無です。
 
しかし自身の発音を可能な限り磨きたいという方、あるいは指導者としての立場の方は、ネイティブスピークは助けになってくれるでしょう。
 
私も区別できるようにならねば^^
 
次のページに続きます。
 

 
こちらからご購入頂くと特典「英会話力を日々アップさせる!ちょっとした工夫」をお渡ししています!
↓ ↓ ↓
ネイティブスピーク
 
※特典についてはこちらをご覧ください
 
※ネイティブスピークは楽天市場ヤフーショッピングでも販売されています。当コンテンツ作成時点では、楽天市場に大量の購入者コメントが投稿されています