英語のリーディング・速読は私が最も力を入れた技能です

英語のリーディング 勉強法や気付いたこと記事一覧

英検対策のために読む素材

英文を読む際には、「速くたくさん」読むことが大事です。ここでの「たくさん」とは、量と種類の両方を指しています。つまり、新聞、雑誌、ペーパーバック、漫画などいろいろな素材を、なるべく速く読むということです。この「多読・速読」は、私の英語学習の根幹を成しています。そしてこの方針は、英検1級を取得した現在...

英検1級で多読・速読力が必要な理由

TOEIC、英検ではご存知のように、問題には大量の英文が出ます。英検1級の一次になると、「リーディングの長距離走」とでもいえそうなほどです。試験が終わると、私は毎回へとへとになっていました。大量の英文を理解するだけでなく、設問を長時間解かなくてはいけないので、集中力と共に「英読力のスタミナ」が必要に...

「TIME」誌は読むべきか?

読むべき媒体として「タイム」誌や、「ニューズウィーク」誌がとり挙げられることがあります。両誌とも権威ある英文雑誌であり、なおかつ世界の情報をタイムリーに吸収できるとして、ある種のステータスシンボル的な存在ともいえるでしょうか。(雑誌の思想やライターの質は別として・・・)私も大学に入学後、タイム誌に挑...

タイム誌ではなくその他雑誌や英字新聞でもOK

前エントリーで書いたように、タイム誌よりも英字新聞などを定期的に読むべきだと考えるのは、簡単に言えば「タイム誌が不必要に難しすぎる」から、でしょうか。タイム誌をスイスイ読めるのであれば問題はありませんが、メインは新聞などで十分だと思います。このサイトを読んでくださるあなたは、ほとんど英検かTOEIC...

英読を勧める理由 話題を増やす

私が「読む」ことを重視する最も大きな理由は、自分の英会話の内容が充実するからです。「話のタネ」を増やすために読むわけです。もし今、英語しかしゃべれない初対面の人が目の前にいて、しばらく英会話をすることになったら、どのように話が進むでしょうか? まずはあいさつや自己紹介から始まり、お互いの最低限の情報...

おすすめ英読法 趣味について英語で読む

英語のリーディングでぜひおすすめしたい方法があります。それは自分の趣味に関する資料を英語で読むです。このやり方がおすすめなのは、自分に興味のあるトピックなので内容が頭に入りやすいからです。よくわからない分野の話より、記憶の定着率が全然違います。これは日本語でも同様ですね。私はバス釣りが趣味です。なの...

英語速読の鍛え方 キッチンタイマーで時間制限

英語を速く読めるようになるためには、日ごろの英読である程度「急かされながら」読む必要があります。ゆったり優雅にリラックスして読むのではなく、「速く速く!」と意識して読まなければいけないのです。(リラックスしても速く読めれば、一番理想的ですが)スピードを意識しながらの読書はストレスがかかり、キツい作業...

英字新聞を速く読むための心がけ 先輩の言葉

大学時代、英語がものすごくできる先輩がいました。(ここではNさんとします)私が四苦八苦していた「TIME」や「Newsweek」もホイホイ読んでいて、しかも読むのが速い!私にとっては「スゴいなぁ」と憧れの存在であり、いまでも英語を勉強する際はNさんを意識しているかもしれません。そのNさんから、英字新...

英語力をつけるには?教授に聞いてみた

大学時代、私は英文科に所属していました。そこに在籍していたイギリス人の教授に、「英語力を上げるにはどうすればいいか?」と、ど真ん中ストレートの質問をぶつけたことがあります。教授の答えは「とにかく読め!」でした。私が「何を読むのか?」と聞いたら、「Anything! anything!」と二度くり返し...

英語のリーディング力が伸び悩んだら

このサイトでは、英語力をつけるために「英文を速く、たくさん読む」をイチオシしています。とはいえ、ひたすらリーディングだけを続けていると、いつか必ず伸び悩む時期が来ます。壁にあたるというか、読んでいても「いまいちノリが悪いなぁ」と感じるようになるのです。思うようなスピードで読めなくなり、一分あたりの語...

英読媒体 フリーローカルマガジン

このサイトでは、読む媒体として雑誌や新聞をおすすめしています。いろんな分野の話題を目にできますし、二次試験のスピーチに使えるネタを仕入れる意味もあります。最近は使うのが当たり前になったスマートフォンやタブレットで読むなら、やはりニュースサイトの記事などがお勧めです。紙でもネットでも、英検を意識するの...

タイム誌定期購読 大幅割引も 私の体験といま読むならこの方針で

大学時代、私はTIME誌を定期購読していました。タイム誌 定期購読(3ヵ月〜)はこちらから別コンテンツでも書いているように、当時はとんでもなく難しく感じ、じっくり読んでもチンプンカンプンのページもありました。語彙力も貧弱でしたしね。当時の私が挑むには、やや強すぎる相手だったようです。だからというわけ...